« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

[靑森ねぶた祭 2019] AOMORI NEBUTA FESTIVAL

Dsc9612

☆靑森ねぶた祭 2019/AOMORI NEBUTA FESTIVAL☆
 [竹浪 比呂央]さん制作による[浄焰 日本武尊]
 [JRねぶた実行プロジェクト]のねぶた写真
 ☆撮影=Sony Cyber-shot DSC-WX60☆


2019年令和初の靑森ねぶた祭が8/2~7まで開催された・・・
今年は弟達も帰青せず・・去年の楽しさとのギャップの中で
また一人ぼっちのねぶた観覧か~と思い・・・出掛けようと
してたところ・・まるでそれを察した!!?かのように友人から
場所があるので来ないかとのお誘いの電話がきてビックリ!!!
何かしらの以心伝心か知らんが・・ありがたいことである!!!
しかも当日いきなりの連絡もはじめてだったのでビックリ!!!
そんなラッキーなとこからの今年のねぶたは天候にも恵まれ
平日で混まないと思っていたその日8/5も凄い人出だった・・
今回の観覧場所は道路際の一番前だったので今まで高いとこ
から観ていたねぶたと違い・・・下から見上げる迫力があり
目の前で回転されるとあまりにも大きく迫られすぎたりして
あせりすぎてカメラのズームアウトが追いつかずもはや画面
には撮りたいねぶたのどっかの一部分しか写ってないなんて
こともあった・・・さらに地べたに座る高さで観ているので
写真を撮るとねぶたの前に人の姿が写り込んでしまうことも
あり・・本来ならそういうねぶたの迫力を生み出す扇子持ち
や曳手の素晴らしさも合わせて観なければいけないだろうに
カメラを持つと・・・ねぶたの姿にだけ集中してしまうので
運行に携わる素晴らしい方々の仕事ぶりをジャマ者扱いする
というか・・・ねぶたの前に立たないで~的に思ったり・・
それは今までずっと観てきた場所との違いでもあるが・・・
あとから思えば・・・イカンイカンという感じである・・・
今この時のねぶたのライブ感を楽しまなければ!!!なのに・・
ねぶたを支え盛り上げる人達とのコミュニケーションが直に
取れるのは絶対に今回の沿道の方であり・・夢中でねぶたを
楽しむ子供達には跳人からの鈴がどんどん増えてったり・・
団扇をたくさんもらったり・・・そんな中でバケトが扮する
七福神的な神様が友人ちの可愛い子供にハイタッチするのに
便乗し・・なぜかしらこちらまでハイタッチしていたのには
我ながらビックリ!!!・・・ねぶたの囃子の高揚感で何かしら
テンションマックス!!!になってたのかもしれない・・・・・

最近は昔に比べ跳人の人数が減っているように思うが・・
この日も観客側からすれば次々とねぶたがやって来るので
とても観やすくてイイけど・・・ふと来るの早くね!?って
思った時に・・・そうか・・・跳人が少ないのかも・・と
気づいた・・子供の頃から親とねぶたを観に行って・・・
沿道にいると知らない跳人に引っ張られ踊りながら連れて
かれたり(跳ねたままどんどん先へ連れてかれてた・・・)
昔は鈴の音を聞くだけでもう跳ねたくて仕方ないぐらいの
ねぶたには全く興味のない跳人型の方だったので・・今の
ように跳人を卒業!?してからようやくねぶた自体の良さに
気づき・・それからはねぶた自体の造形美に興味を持って
ねぶた祭をさらに楽しめるようになったのだと思う・・・
今年のねぶたはこうして思いがけないお誘いにより・・・
楽しいひと時を過ごすことが出来た・・・その時の想い出
と共に・・また来年のねぶたを楽しみにしようと思う・・・

この青森の夏を彩る素晴らしい和紙の芸術作品ともいえる
希有なお祭り=ねぶた祭を多くの方々に観てほしいと思う・・・


※この記事の大型ねぶたの題名/制作者名/団体名は
 [青森ねぶた祭オフィシャルサイト]参照にて掲載

※青森ねぶた祭HP→[青森ねぶた祭オフィシャルサイト]

☆[靑森ねぶた祭り 2019]については
☆[KEI]BLOG[日々これOK(2019 8/31)]に詳しく掲載アリ☆


☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »