[ANDANTE] 歩くような速さで

Dsc7637

☆ANDANTE☆ ©KEI (墨画)

はじめての靴で歩み出す・・・
その小さな一歩一歩に・・・
誰もが笑顔になれる・・・
よちよち歩きのお散歩姿・・・
誰かに見守られながらの・・・
幼子のはじめての冒険の如く・・・
新しい靴で踏み出す一歩・・・・・
進学からやがて社会へ続く道・・・

年に一度会えるか会えないか・・・
それをいつも楽しみにしてきた・・
甥っ子や姪っ子の成長の記録・・・
家の柱に刻まれた皆の身長の証・・
もはや計ってあげれないほど・・・
大きくなってしまった彼らに・・・
遠く離れ何も出来ないけれど・・・
心のエールを送る日々・・・・・・

※音楽の速度標語[ANDANTE](歩くような速さで)は
 イタリア語で[行く][歩く]を意味する[ANDARE]
 を語源とする音楽用語でメトロノームのテンポは
 ANDANTE=♪63~76ということらしい・・・・・
 四季の行事も商売っ気満載模様のイベント化・・・
 世の中の先取りムードと共に季節の巡りさえも・・
 早まっているような暑さ寒さの変化も進む中・・・
 特に昨今の若者は早く大人になることを促され・・
 何かしら生き急がされてるような感じもして・・・
 もう少しゆっくりと・・・[ANDANTE]であっても
 いいんじゃないの!?って思ったりして・・・・・・

☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[時の市] Tokinoichi

Dsc7480_2

☆時の市☆Tokinoichi☆
[時の市]のぼり&[昭和大仏](青龍寺)の写真
☆撮影=Sony Cyber-shot DSC-WX60☆

2018年5月12日~13日に開催された[時の市] へ行った・・・
ATV(青森テレビ)で夕方放送中の[わっち!!]の番組内で見た
欧風料理・パイの店 [Cafe de Ami カフェドアミィ]という
五所川原にあるお店の有頭エビの[コスモポリタンパイ]が
[時の市]に出店するというので・・・普段ならそうやって
食べ物を目当てに行くことはあまりしないのだけれど・・・
気づいたらちょうど母の日もあったのでインパクトもある
その料理パイを目指して[時の市] へ向かったのだ・・・・・
[時の市] についてもその時はじめて知ったのだけれど・・・
[昭和大仏]で有名な青森市の[青龍寺]が会場となっていて・・・
[時の市]は蚤の市(古道具etc)&食べ物&クラフトの出店があり
お店によってはワークショップや着物でお散歩etcの企画や
ロープで木登り体験出来る場所もあり・・多くの家族連れや
海外の方々の姿も多く・・・[昭和大仏]前の広場においては
何かしら異国に迷い込んだような雰囲気さえもあった・・・・・
日本というより他のアジアの国(台湾やインド的な)みたいな
ちょっとした観光客気分にさえになれたりして・・・・・・・・・・・

話を少し戻すと・・・当日はお天気は良かったものの・・・
風速8m!!!!!しかも向かい風の中のチャリ!!!だったので・・・
歩いた方が早くね!?ってぐらいの風圧の中・・バイパス道を
ひたすらゆるゆる進み・・・水のはられた田んぼで作業中の
方々の姿に(代掻きというらしい)もう田植えの時季と知る・・・
そうやってこの強風の中でもきちんと働いている人達を横目に
いったい何やってんだか・・って自分はチャリと風との格闘!!?
会場に着く頃には汗だくだわ・・・ちょうどお昼時だわで・・・
とりあえず売り切れも覚悟でまっすぐ[Cafe de Ami]目指し・・
列に並び・・・もはやどれだけ待ったかもわからないけど・・・
なんとか[コスモポリタンパイ]と[アップルパイ]をGet!!!・・・
ただ真っ先に買ってしまったもので・・・結構な日差しの元
早めに帰らねば・・・・・・ということもあり・・・・・クラフトとか
他の見たいお店をゆっくり楽しめないという・・・ジレンマ!!!
事前に何店かチェックして来た気になるお店は[つしま畳店]の
畳のお財布・・・こけし雑貨[miu.labo]のワークショップ・・・
こぎん刺しグッズ[三つ豆]etcあったものの・・・お客さんが
多かったり・・・他に目移りして見逃したお店などもあり・・・
本来ならばいろんなクラフト作家のお店を見たいけれど・・・
そそもそもパイが気になりゆっくりじっくりしてらんない・・・
どうすんの自分!!ってなりつつ見上げた先の[昭和大仏]様・・・
そういえば・・・こんな間近で大仏様を見たことなかった・・・
あらためてこんなに大きなお姿なのかと思いながら・・・・・
拝みたいものの・・・作法というかやり方がわからない・・・
暫く行ったり来たりしながら・・・写真を撮ったりしていると・・・
[昭和大仏体内巡り]という回廊があるというのがわかり入ると
干支により御縁の深い[十二支一代守り本尊]をお祀りしている
ところがありお参りすることが出来たのでよかったと思う・・・・・・
緑の木々に囲まれた自然の中にある場所ということもあり・・・・・
その中を歩いているだけでも爽やかな気分になるようで・・・・・
まだ少し残る桜の花や赤い紅葉と木々の緑が印象的な五重塔の
辺りには外国人の家族連れや美しい着物姿で散歩する女子二人
も現れ・・・本当にここは青森なのか!?まるで京都かどこかに
来たような・・・という不思議な感じまであったものの・・・
気づけば・・手にはしっかり箱入りパイの袋を握りしめ・・・
すでに二時!!!ちょうど三時のおやつになりそうなパイを持って
また来た道を田んぼで休憩中の方々に尊敬のチラ見を送りつつ
来た時とは逆に颯爽と家路を走る追い風のチャリに乗り・・・・・・・
何かしらの達成感と共に軽やか気分の自分だった・・・・・・・・・・・

※[時の市]についてはコチラへ→[時の市] Facebook

※[昭和大仏]は昭和59年(1984)に造立された青銅座像としては
 日本一大きな大仏で高さ21.35m(仏体のみ)/幅15m(両膝の幅)
 重さ220tあるという(昭和大仏青龍寺HP参照)
※[昭和大仏]についてはコチラへ→[昭和大仏 青龍寺]HP

※[わっち!!]についてはコチラへ→[ATV 青森テレビ]HP

※肝心の[Cafe de Ami カフェドアミィ]のサイトが
 探せなかったので(お店についての情報は多々有り)
 お店の場所=青森県五所川原市うばやち船橋175-1

※[ 時の市 Tokinoichi ]については
☆[KEI]BLOG[日々これOK(2018/5/31)]に詳細記事&写真アリ☆

☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[シンプルの正体/ディック・ブルーナのデザイン展]     THE SECRET OF SIMPLICITY/DICK BRUNA’S DESIGN

Dsc7256

☆シンプルの正体/ディック・ブルーナのデザイン展☆
THE SECRET OF SIMPLICITY/DICK BRUNA’S DESIGN
 [シンプルの正体☆チケット(表)]の写真
☆撮影=Sony Cyber-shot DSC-WX60☆

青森県立美術館・コミュニティギャラリーで
2018年3月20日(火)~5月6日(日)迄開催された
[シンプルの正体/ディック・ブルーナのデザイン展]
を観に行った・・・・・当日は運転免許の更新のため
先に運転免許センターへ行き・・・午後の申請から
2時半頃には終わり・・・県美も近いと聞いたので
向かおうとするも今回はじめて車ナシでの更新!!!
(去年車検切れから一気にエコ生活!??継続中・・)
だったので・・・・・センターまでもチャリと電車と
バスの速攻乗り継ぎという激走伴うHard Day!!!
雨も降る中・・センターから歩き出したものの・・・
方向を見失い建物もないような道が続きはじめ
どんどん山の方へいざなわれてる気がしたので
途中で戻り建物の見える坂道を登って行くと・・・
[亜細亜建設]という会社だった・・・・・ちょうど外で
作業中の方に美術館の場所を聞くと・・・わざわざ
他の方にお伝えいただき・・・・・その方にきちんと
道を教えて戴き本当に助かりありがたかった・・・・・
その後かなり歩き続け・・・ようやく県美に到着!!!!!!
車ならすぐでも見知らぬ地での一人歩きの心細さを
救ってくれたのは道を教えて戴けたことだった・・・・・

そうやって辿り着いたもので・・・・・残り1時間半・・・
余裕があれば開催中の二展を観れたのだろうが・・・
シャガールかディック・ブルーナかの選択の中・・・
[シンプルの正体/ディック・ブルーナのデザイン展]
を観に行くことにした・・・県美ではミッフィー展etc
過去にも何度か展示があり観たものの今回のような
ペーパーバックのデザインなどは知らなかったので
展示は多くなかったけれどペーパーバックの装幀は
その色と形と文字の組み合わせのバランスが絶妙で
シンプルな中にそこに達するまでの力量やセンスが
熱く込められている作品なのだな~と思った・・・・・・
こういう表紙の本が並んでたらデザインに惹かれて
つい手に取ってしまうだろう・・・・・・他にポスターetc
も合わせて一室の壁面全体に展示されていたのだが
小さい額入り横型の作品なのに凄い上に展示された
ものがあり・・・なぜよく見えないとこへ!??と・・・
何かしら意図的に!??と気になることもあった・・・

二室目はミッフィーetcに関する展示コーナーで・・・
一本の手描きのラインを大切に描くブルーナ氏本人
の映像が流れていて・・・15×15cmの絵本の中に
込められた・・・色や言葉選びのルールについてや
シンプルだからこそ絵本を見る人それぞれの想像力
が広がるということ・・・・・シンプルなラインによる
原画からでも伝わる温もりのようなものは何よりも
一本のラインや一個の点にさえもこだわりを持った
手描きによる絵だからこそ伝わってくるもの・・・
一見シンプルに思える絵の中に込めらている・・・
その一枚の絵に対する愛情・・それらが作品となり
見た人の心に届き・・想像力をも広げていくのだ・・・

赤い目をしてまで本を読むブラックベア・・・・・
それはディック・ブルーナ本人なのではないか・・・
三室目のはじめで展示されていたブラックベア・・・
それらを見てなんとなく思ってしまった・・・・・・
たとえ本人はいなくなっても多くの作品を通して・・・
彼が伝えたかった普遍的な愛情や想いの感覚は・・・
いつまでも誰かの心にシンプルに響いてくるだろう・・・・・・

※青森県立美術館HPはコチラへ→[青森県立美術館]HP

※亜細亜建設HPはコチラへ→[(有)亜細亜建設]HP

↑県美までの道を教えていただいた会社
[亜細亜建設]様のHPがありましたので
掲載させていただきました・・・・・・・・

※[シンプルの正体/ディック・ブルーナのデザイン展]については
☆[KEI]BLOG[日々これOK(2018/5/7)]に詳細記事アリ☆

☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[ LOVE ] ときめく心

静かに明けゆく東の空・・・
やがて金色の光 満ちあふれ・・・
そこに在るだけで全てを照らす・・・
そこに在るだけで全てを包みゆく・・・
そんな日の出の中に在り・・・
咲き誇る桜の華のときめきよ・・・
小鳥のようなさえずりも・・・
緑の葉っぱのざわめきも・・・
春めく大地のときめきに・・・
心踊らせはじめたばかり・・・
夢見がちでもかまわない・・・
まるで小さな恋心・・・・・・
時々ドキドキときめかせ・・・

Dsc7132

☆LOVE☆©KEI (ダンボール画)

※どんな小さなことにもときめく心・・・
 子どもの頃なんにでも興味を抱き・・・
 好奇心だらけで望んでたようなこと・・・
 そんな気分で描いてたダンボール画・・・
 再生ガラス(道路のキラキラに使うらしい)&
 グラスビーズ&色砂をくっつけすぎて・・・
 本来軽いダンボール画にズッシリ感を・・・
 纏わせすぎてしまった一枚・・・・・・・・・・・・・

☆[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[サントリー キャンペーン 当選] Suntory Campaign Winning

Dsc7088

☆サントリー キャンペーン 当選☆
 [サントリーなるほどクイズ2017]
 [スタンプコンプリートキャンペーン]
 [サントリー商品詰め合わせセット]の写真☆

※[ザ・プレミアムモルツ]をはじめ[クラフトボス・ラテ]
 [伊右衛門]など6種類×2=12本もの賞品セットだった☆
☆撮影=Sony Cyber-shot DSC-WX60☆

お天気にも恵まれた春分の日・・・
お彼岸の中日のお参りから戻り・・・
ずっと気になっていた箱について・・・
いつまでそこに置いておくのかと・・・
いよいよ思いきって聞いたところ・・・
母の返事にビックリ!!!!!!してしまった・・・

その荷物はもう数ヶ月前からずっと
居間の前に置かれたダンボール箱で
いつもそういう箱で届いた贈り物など
母がどこかに届けたりしていたもので
てっきりそういうお届けものだと思い
それにしてもいつまでそこにあるのか
ずっとずっと気になっていたものの・・・
いらなく言って角が立つのもイヤで・・・
黙っていたけど・・あまりにもあるので
ちょうどいいタイミングだと思い・・・
一緒に出かけたその日に聞いたところ・・・
逆に母の方がスゴイ驚き!!!!!!!ようで・・・
それはこっちに来た荷物だと言われた・・・
[はッ!!?何言ってんの!??]と思いつつ・・・
そこではじめてその箱の送り状を見ると・・・
確かに自分宛だったものの・・・送り先は
[サントリー]!!!???ってか自分への荷物!??
しかもだったらなぜ受け取った母がそれを
こっちに教えないのか・・・自分は自分で
完全に母への荷物と思い込んでいるので
その送り状など見ようともせず・・・・・
そのまま数ヶ月もずっと置きっぱに・・・
あまりのショック!!!まずは自分の思い込み・・・
さらに・・・なぜ・・早くどうにかしてと・・・
言わなかったんだろうという母について・・・
いずれにしても誰のせいでもなく・・・・・
いらない思い込みと気づかいみたいなもんで
ちゃんと見てなかった自分がアカンのだ・・・
にしても・・・こんなこと今までの人生の中で
はじめてのこと・・とにかく急いで開封すると
なんと!!!!!!サントリーのクイズキャンペーンの
当選で6種類の商品が2本ずつ計12本もの賞品
が入っていたのでさらにビックリ!!!!!!だった・・・
と共に・・・そのような当選品を戴きながら・・・
数ヶ月も気づかずに御礼も出来ていなかったという
そっちのショックの方が大きかった・・・・・・・
当選の喜びよりも礼を欠いてしまっていたこと・・・
そっちのショックなのだった・・・あたふたしつつ・・
それでもなんか春分の日というおめでたい日に・・・
その当選を知ったことも本当に嬉しいことで・・・
お参り直後のこともあり・・早く気づけよと・・・
教えられたのかも・・・その後・・どこに御礼を
伝えるのかよくわからぬまま・・・取り急ぎ・・・
[サントリーお客様センター]の問い合せフォームに
相当遅ればせながらの御礼と感謝のメールを送り・・・
一安心・・・すると[サントリーキャンペーン事務局]
からその後お返事のメールまで戴いたのだった・・・
当選したことはもちろんもの凄い嬉しいことで・・・
さらにはこうやってこちらの御礼の気持ちに対しても
きちんとお返事して戴けたこと・・・そのことの方が
その商品や企業への信頼をより深めることに繋がり・・・
普段何気に手に取るものへも伝わるのかもしれない・・・・・

※そんな賞品が届いてることも全く知らずに・・・
 前回[サンドウィッチマン 東北愛ボトル]について
 書いてたこともなんともはやで不思議だった・・・・・

※[サントリー]HPはコチラへ→[サントリー]HP

※[サントリー キャンペーン 当選]については
☆[KEI]BLOG[日々これOK(2018/3/27)]に詳細記事アリ☆

☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[サンドウィッチマン 東北愛ボトル] サントリー烏龍茶

Dsc7052

☆サンドウィッチマン 東北愛ボトル☆の写真☆
[左]=[伊達政宗公(仙台)]&[右]=[赤べこ(会津若松)]
  ☆撮影=Sony Cyber-shot DSC-WX60☆

はじめてそのCMを見た時は・・・
ちょっとした衝撃が走った・・・
声もアニメもサンドウィッチマンなんだけど・・・
その二人が伊達政宗公のアニメで急に出て来て・・
なんだろうこれは・・・って思ったまま・・・
いったいなんのCMだったのか・・・
CMはいつ入るかわからないので・・・
その後しばらく疑問のまま・・・
ようやくちゃんと見れた時に
サントリー烏龍茶のものだと知る・・・
☆サンドウィッチマン 東北愛ボトル☆は
東北エリア&数量限定のサントリー烏龍茶で
サンドウィッチマンが伊達政宗公(仙台)と
赤べこ(会津若松)になったイラストが可愛い!!!
はじめ見た時はそのアニメの面白さはもちろん
ボトルのデザインがオシャレだと思った・・・
その後スーパーで見かけた時に速攻ゲット!!!
今回は第一弾らしくこの後夏&秋ヴァージョンも
出るらしいのでどんなサンドウィッチマンなのか
とても楽しみなのと共にこの東北愛ボトルは
1本につき2円が[東北魂義援金]となることも
とても素晴らしいことなのだった・・・・・・

※[サンドウィッチマン 東北愛ボトル]については
[サントリー]HPにて東北愛ボトルCMも見れます☆

※[サンドウィッチマン 東北愛ボトル]のイラストは
 [ちたまロケッツ]という方のイラストのこと

☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[星の王子さま] Le Petit Prince #1

Dsc6978

☆星の王子さま☆ Le Petit Prince ☆
☆メリーバレンタインコレクション2018☆
☆星の王子さま☆宝箱型&星型缶の写真☆
 宝箱型には星型のクランチチョコレート
 星型缶には[五億の鈴]という言葉をイメージ
 した星型のプレーンチョコレートが入っていた
☆撮影=Sony Cyber-shot DSC-WX60☆

バレンタインの頃になるとチョコよりも
そのパッケージの方に惹かれてしまう・・・
昔からお菓子よりその缶や箱が好きだった・・・
子供の頃丸いクッキー缶をもらって中身よりも
そのなんともいえない雰囲気ある女性のイラストに
心打たれたのがはじまりだったのかもしれない・・・
多分地元にあった洋菓子店のもので大人になってから
東郷青児さんの描いた[望郷]という絵に出会った時に
この絵だったのではないだろうか・・・と思った・・・

それから相当な月日が経ち・・3年前のバレンタインに
はじめてメリーチョコの[星の王子さま]シリーズを知り
既に売り切れの三日月型の缶に心ときめかせながら・・・
まだ残っていたピンクの缶ペンケースをその時はスルー
後日売り切れのショック!!!そして去年の缶ペンケースは
水色の小さめだったものの1個買い・・なぜか母に同じ
ものを貰うという・・・ある意味ショックな年から・・・
今年はもうやってんの!??という1ヶ月近くも前に偶然
そのコーナーに出くわし出版75周年記念ということで
星型や宝箱型や本まで缶になっていて(三日月型は紙箱)
しかもどれでもどうぞ状態で全部揃っているという・・・
手招きされまくり状態・・・一応両親にあげるていで・・・
缶がほしくて立ちつくす・・・チョコはもちろん両親に
あげるけど(そもそもそこがどうよ・・っていう)・・・
迷ってんのは中身より缶・・・ペンケースは長めに戻り
安くなってる!!!けど濃紺ベースの色・・・星型は金色!!!
宝箱は手提げ袋もついたピンク!!!本型はそれら3個分位
の値段・・・[星の王子さま]の可愛い缶がお手軽価格で
手に入る(本来チョコがメインだけど缶の方が重要・・)
から何か1缶あればイイんだけどそれが例年と違い・・・
全商品揃う&75周年記念モノ有りの中・・経済的選択を
迫られ・・結果!!明るい色で縁起も良さげな金色の星と
宝箱の缶に決定・・ささやかなるご褒美かもしれないが
思いがけない☆星の王子さま☆ Le Petit Prince ☆との
Smile☆Lucky☆Wonderful☆な出会いだった・・・・・・

☆[メリーチョコレート]HP→[メリーチョコレートカムパニー]

※☆星の王子さま☆ Le Petit Prince  #1☆については
☆[KEI]BLOG[日々これOK(2018/2/24)]に詳細記事アリ☆

☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[新 春] The New Year 2018