[めぐる文様] 展 Fractal Structures EXHIBITION

Dsc9461


☆[めぐる文様] 展フライヤー(表)の写真☆
※今回の[めぐる文様]展は撮影OKの展示でした※
☆ 撮影=Sony Cyber-shot DSC-WX60 ☆


東奥日報新町ビル[New’s]開館記念開催による
[めぐる文様] 展(2019年5/3[金]~6/16[日])
へ行った・・・[新聞紙から生まれる命]という
サブタイトルそのままに見たこともないような
スゴすぎる新聞紙アートの世界があった・・・
この展覧会を知ったのはTVで見たCMだったが
はじめて見たそのCMからはそれが新聞紙から
出来ているとは全く信じられないようなリアル
な動物の画面で・・・それを見てからとにかく
なんだか物凄いものがやって来る!!と思った・・・


そうしていよいよ展覧会へ向かうことにするも
あえて全く何の情報も得ずとにかく行って見て
いったいどんな作品なのかを確かめたいと思い
誰の作品かさえ知らぬまま行くことにした・・
ガラス張りで開放的な[New’s]へ入り3Fホール
受付から展覧会場の中へ・・・そこで真っ先に
広いワンフロアーの会場内の真ん中にドーンと
そびえるドでかいピラミッド!!!!!!と遭遇・・・
そちらへ進む前に・・・まず目にしてしまった
恵比寿様!!!!!!ってかこれ新聞で出来てるなんて
ってか生きてますよね!!!ってぐらい豊かな表情
マジ凄すぎ!!!!!!な圧倒的クオリティーの高さで
もって出迎えられてしまったように思った!!!!!!
そしてイカ焼き小屋の前でなぜかしら悲しげに
遠吠えするようなわさおの姿・・・その時には
知らなかった椿の花がそれを物語っていた・・
そうして大きく口を開いたあのカバがいる!!!!!!
実際のカバの口内は見たことないけど・・こう
なんだろうな!!!って思えるほどの質感というか
口の中までとんでもない細かさがあるのだ!!!!!!
さらに何を思うか親子!?のカバよ・・・・・・
黄昏てんな~って感じの釣り人ならぬ釣り猿は
何をねらうか・・・ねらわれてんの!!?か・・・
飛び立ちそうな梟や・・・白鳥の湖!?も・・・
水から出て来た犀のツノの上には・・・からの
そんな犀&飛蝗&象の3ショット・・・そして~
天に向かって喜びの雄叫びを上げるかのような
大迫力の巨大なアフリカ象がこの地で誕生!!!!!!
さらに足元には県民へのメッセージまで・・・
そして細かすぎる造形美でもってもはや影まで
本物を越え動き出しそうな美しいイグアナ・・
よっこらしょと出て来たようなお猿さん・・・
ラクダで旅するお相撲さんとナマケモノ・・・
なんともいえないやわらかな笑みでこっちまで
ニコッとなるようなナマケモノが一番気になり
ピラミッドの前で番犬ならぬ守護犬としてこの
会場の生き物を守っているようなキリリとした
ワンちゃんの姿がとっても印象的だった・・・
このワンちゃんと向かい合うように恵比寿様が
対になりさらに展示会場全体を守りながら・・
生き生きと輝かせているようにも思えた・・・


とにかくこんな素晴らしい作品に出逢えるとは
これが新聞紙で出来ていることが本当にスゴイ
まず新聞紙を細長いコヨリにすることだけでも
とんでもない仕事量なのにさらにそれらを使い
創作した動物etc本物を越えてる位の表現力の
豊かさ!!![ナイトミュージアム]みたく夜中には
みんな動き回っていそうだし・・まずその前に
今こうして人がいる中にあっても・・・まるで
[だるまさんがころんだ]のようにちょっとずつ
前進してるんじゃないかって思えるもの・・・
特に[ロンサム・ジョージ]のようなカメさんは
なんかもうさっきよりちょっと進んでないかと
思ってしまうほどホントに生きてる感がある!!!
もうこうなると今まで見たどんな芸術作品より
圧倒的な存在感と迫力があり新聞紙でそれらが
出来ているってことがもうさらに相まって・・
いったいどういう人が創っているのかも知らぬ
まま・・ただただ感激するしかなかった・・・
それは写真からでも確実に伝わるだろうが・・
実際に目の前でこのとんでもない作品の世界観
新聞紙によるハンパない工程にはじまり・・・
繊細さと大胆さをも兼ね備えた作者のこだわり
と圧倒的に素晴らしい表現力が本当に凄すぎて
天晴ってこういうことなのかもしれない・・・
とか・・・もう何がなんだかわからんけど・・
このような作品を青森で観れて本当に良かった
と思うと共に・・・ここからまた何かしら・・・
自分でも前向きに進みたいと思った・・・・・・


※この素晴らしい創作をされたのは[一ツ山スタジオ]という
[一ツ山チエ]さん&[玉井富士]さんによる創作ユニットです
[一ツ山スタジオ]についてはコチラへ→[一ツ山スタジオ]HP


※東奥日報新町ビル[New’s TO-O]についてはコチラへ→[New’s TO-O]HP


※☆めぐる文様 展☆ Fractal Structures EXHIBITION☆については
☆[KEI]BLOG[日々これOK(2019/6/14)]に詳細記事アリ☆


☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0)

[ PEACE ] 心穏やかに

Dsc9437

☆PEACE☆心穏やかに☆ ©KEI (水彩鉛筆画)


小鳥のさえずりで目覚め・・・
ハリエンジュの花の香に・・・
その季節を教えられる頃・・・
窓から広がるその先の先・・・
この大空のもっと先まで・・・
どんなに遠い処にいても・・・
心穏やかにと願える人が・・・
心からの声援を送りたい・・・
そう思える人がいるということ
どんな小さな一歩であれ・・・
大いなる夢や希望をもつ・・・
若い心が育くまれている・・・
やわらかき心いつまでも・・・・・・

☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0)

[時の市] Tokinoichi 令和元年 春

Dsc9103

☆時の市☆Tokinoichi☆令和元年 春☆
[時の市]のぼり&[昭和大仏](青龍寺)の写真

[昭和大仏]の写真は昨年とほぼ一緒に見えるも
今年の方が快晴の中パワフルで神々しいお姿だ
☆撮影=Sony Cyber-shot DSC-WX60☆

 

令和元年となり二週目となった頃・・・青森市の[青龍寺]で
2019年5月11日~12日に開催された[時の市]へ行った・・・
去年の春はじめて[時の市]を見てから今回の開催を楽しみに
待つこと一年・・まずは去年と同じパイが目的だった・・・
しかし~出かけるのが遅れてしまいもはや午後3時近い頃に
真っ先に欧風料理・パイの店[Cafe de Ami カフェドアミィ]
へ行くもラス1で残っていた有頭エビの[コスモポリタンパイ]
と・・あとは[和牛ミートパイ][サーモンパイ][アップルパイ]
をなんとか買うことが出来たという・・・プリンもいいねと
思っていたのも束の間・・・行くのが遅過ぎなのである・・
そんなワケで飲食のお店などはもう店じまいな感じのとこも
あるような中・・・次に向かったのは陶芸体験出来るらしい
[金山焼陶芸教室ちゅうばち]へ・・・ちょっとのぞきつつも
一回躊躇してスルー・・・お天気も良く外国人の家族なども
多い中で[昭和大仏]の写真を撮ったりしつつ・・・もう一度
行ってみると30分位で陶芸のお皿が作れるというので・・・
やってみることに・・土を手のひらで丸い形にたたきながら
ピザを作るような感じで外側へ向けてどんどん伸ばしていく
のだが・・・ちょっとやっただけでスゴイ疲れてきて・・・
自分の体力の無さにまずガックリ・・・それでも徐々に形に
なって来たものの・・・はじめは3種類から選べる形の一番
大きい深めの長皿にしたものの途中でもう伸ばす力がないと
思い・・一番小さい浅めの皿に自己申告で早めに変更・・・
本当は荒々しいちょっと無骨な感じにしたかったものの・・
案外きれいにたたけてしまって・・・かといって途中で変に
手を加えるのもわざとらしくなりそうだし・・・そんな時に
新しいお客さんが来たこともあり・・こちらの方はちょうど
伸ばした土をプラスチック!?の入れ物に入れて少し持ち上げ
形にするとこまで行ってたので・・・なんだか面白みのない
あっけなさでもって終わってしまった感がある・・この場合
自分がもっと思いきってバンバンたたいて歪ませた形とかに
してたら良かった・・・ということである・・・それに早く
気づけたら良かったということだ・・・普通はきれいな方が
良いに決まってるかもだけど・・ちょっと自分的イメージが
もっと変な形になってほしかったということなのだった・・
どんなお皿になって来るかはあと数ヶ月後のお楽しみという
ことなので・・・忘れた頃に届くような楽しみもある・・・
自然の中の大仏様の真ん前でもって大仏様に見守られながら
陶芸のワークショップが受けらるれのはここでしか出来ない
素晴らしい体験であり忘れようのない想い出となるだろう!!!
その後さらに・・[釈尊降誕会]の甘茶をかけて御祝いする所
があり・・・この日は5/11だったがちょうど翌日の5/12が
旧暦の4/8ということからかお釈迦様の誕生を甘茶をかけて
御祝いする所があったので御賽銭をあげお祈りをした・・・

そして・・・もういろんなお店を見てる時間もないような中
なんとなく見に行った[加藤 雅子]さんという陶芸作家の方の
お店でもって・・・はじめは小さなお家の作品を見ていたら
その手前に1cm位の小さなウサギらしき作品があり・・絶対
ウサギだろうと思いつつも・・何ですかと聞いてしまったり
して・・・でもってやっぱウサギと知ったらば・・・もはや
愛しさ100倍!!!??そしてその子が載った台の上に開いた穴を
何気に隠すお役目をしていたこともなんだ可愛く思え・・・
しばらく立ち止まってどうするか迷っていたところで・・・
さらにその隣にいた小さなニット帽の女の子に気づき・・・
その冬模様な感じの素朴な可愛らしさにヤラレてしまい・・
この小さなお友達も一緒に連れて帰って来てしまった・・・
なんだかほのぼのとするあったかみのある作品なのだ・・・
こうして今回の[時の市]は時間のない中でもって思いがけなく
陶芸の作品に関わることが出来てなんだか嬉しかった・・・
やはり土に向かっているだけでスゴイ集中出来ること・・・
あるいはその人柄が現れているような温かみのある作品との
出会いなどあり・・・今回の[時の市]では出店者の方々の和装
での参加も印象的で特に男性の方々の和装姿のカッコ良さとか
普段あまり目にしないような世界観も相まって秋の[時の市]へ
今回見逃した所も含めすでに期待も高まるのだった・・・・・

※[時の市]についてはコチラへ→[時の市] Twitter

※[昭和大仏 青龍寺]についてはコチラへ→[昭和大仏 青龍寺]HP

※[時の市]主催の[三ノ月舎]についてはコチラへ→[三ノ月舎]HP

※[Cafe de Ami]についてはコチラへ→[カフェドアミィ] Instagram

※[金山焼陶芸教室ちゅうばち]はコチラへ→[金山焼陶芸教室ちゅうばち]HP

※[加藤雅子]さんは青森県内のクラフト展etcに出店されているようです

 

※[ 時の市 Tokinoichi 令和元年 春 ]については
☆[KEI]BLOG[日々これOK(2019/5/31)]に詳細記事&写真アリ☆

☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0)

[令 和] Beautiful Harmony

☆ 令 和 ☆Beautiful Harmony☆


Dsc8010


☆ Touch the right chord ☆©KEI (ダンボール画)


令和元年の幕開けと共に日本中が祝福ムードの中

[令 和]=[ Beautiful Harmony ]という・・・・・

美しい調和という意味も込められた新時代の幕開け


☆[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆


| | コメント (0)

[ Touch the right chord ] 琴線にふれる

初春令月 気淑風和・・・・・・・・
万葉のやわらかき香を音にこめ
新たな時代ひらかれし時・・・・・

Dsc8008

☆ Touch the right chord ☆©KEI (ダンボール画)

※まもなく平成から令和へ改元される・・・・・・
 ちょうど令和元年を迎える日が誕生日の友達
 がいて今月平成のまま誕生日の自分としては
 なんだか彼女の方がおめでたさ満載な感じで
 いいな~などと思ってしまったりして・・・・・・
 新元号[令和]の響きのやわらかさや万葉集と
 いう日本古来の歌であり英語では美しい調和
 [Beautiful Harmony]としたことも新元号の
 持つ言葉のパワーが良い時代へ導いてくれる
 よう心から願う今日このごろ・・・・・・・・・・・・・

☆[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0)

[ 北海道 焼きチーズ ] Hokkaido Cheese Cookies

[ 北海道 焼きチーズ ] Hokkaido Cheese Cookies
Dsc8597
☆北海道 焼きチーズ☆(きのとや)パッケージの写真
☆撮影=Sony Cyber-shot DSC-WX60☆


先月[春の北海道物産展](さくら野百貨店/青森店にて)
に行った際・・・なんだか気になって買ったお菓子が
☆北海道 焼きチーズ☆というクッキーで[きのとや]と
いう北海道札幌に本店のあるお店のものだった・・・
どんなお菓子か知らなかったけどチラシにも掲載され
お値段的にもリーズナブル(6枚入/¥540 税込)であり
パッケージも北海道全開のホントにチーズとかバター
のパッケージにも見えそな感じで何やら雰囲気もあり
そもそも焼きチーズって何よ・・・っていうとこから
買ったもの・・・あけてみると中のパッケージ自体も
のどかな牧場の風景画で放牧された牛の鳴き声さえも
聞こえてきそうな感じがする・・・早速頂いてみると
クッキーにまぶされたサイコロ状のカリカリチーズが
なんともいえぬ香ばしさで・・・サクサクのクッキー
の食感と中にはガリガリするぐらいの結構固めチーズ
の食感とあいまって・・・なんだかクセになりそうな
味わいのクッキーだった・・・なので親にもあげよう
と思ったもののかなりカタい歯触りのとこもあるので
歯がヤラれそうな人にはちょっとだけ注意が必要かも
ってことで・・結局一人で食べざるをえず・・・・・
はじめはそのガリガリ食感にちょっとビックリのとこ
もあるけど・・・それがこんがり焼き上げたチーズの
香ばしさと食感の特徴とすれば・・その何とも言えぬ
美味しさにハマりかけてる自分がいる・・・・・・・

※ちょうど北海道十勝の牧場を舞台にした
NHKの朝ドラ[なつぞら]もはじまり・・・
その第一回目の放送の冒頭のシーンでは
大地の緑と青空と北海道の大自然の中で
絵を描く[なつ](広瀬すず)の元へ幼なじみ
[佐々岡](工藤阿須加)がやって来る場面で
なんだかそれを見た時に急にこっちまで
まだ何もよく知らないのになぜか涙ぐむ
という・・意味不明の感情にビックリ!!!
[なつ]の感情がそのワンシーンで一気に
こちらまで伝わって来たかのような・・・
朝ドラ試聴史上初の感動の涙・・からの
見はじめという・・・この体験は・・・
北海道の大自然の風景に在る人や動物や
鳥の清々しいシーンもあいまって感じた
感動のようでもあり・・・その後にまた
この[北海道 焼きチーズ]のパッケージの
牧場のイラストを見て北海道の大自然と
そこでの開拓やその恵みへの憧れを感じ
ながら・・・さらにこの先[なつぞら]で
[TEAM NACS]勢揃いってこともあるの
かなと期待するのだった・・・・・・・


☆[株式会社 きのとや]HP→[株式会社 きのとや]HP


☆[さくら野百貨店/青森店]HP→[株式会社 さくら野百貨店/青森本店]HP


※☆[北海道 焼きチーズ] Hokkaido Cheese Cookies ☆については
☆[KEI]BLOG[日々これOK(2019/4/9)]に詳細記事アリ☆

☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0)

[星の王子さま] Le Petit Prince #3

Dsc8556

☆星の王子さま☆ Le Petit Prince ☆
☆メリーバレンタインコレクション2019☆
☆星の王子さま☆ブック型缶(表面)の写真☆
 2月の星図のブック型缶には8個のチョコ入り
☆撮影=Sony Cyber-shot DSC-WX60☆

今年2019年のバレンタインも・・・などと
とっくに過ぎちゃったことを・・・世の中は
もはやホワイトデーなるもので賑わっている
ようなとこでもって・・・そういえばなんで
まだチョコレートのコーナー残ってるんだろ
などと・・・思ってのぞいていた自分・・・
ある意味バレンタインのお返し的なものなど
もらうこともないので・・・はたと気づいて
なんだかな~といまさらながらのショック!!!
とは言え・・全て自らの生き方なので・・・
どうしようもないことなのだろう・・・・・

だからもはや自分に自分で与えるしかない!!!
ってとこでもって・・・メリーチョコレート
バレンタインコレクション☆星の王子さま☆
のチョコよりも外側の缶が目的で買っている
ことは前回書いたのだけれど・・・その後に
なぜか今年は・・・母まで・・・いつになく
☆星の王子さま☆シリーズを早々にいくつか
手にいれてたらしく・・・それは多分・・・
昨年本当は75周年記念のブック型缶が一番
気になるも・・星型缶&宝箱缶にしたことを
知っていたからなのか・・・めずらしく・・
こちらの望みに合った・・しかも重複しない
イイかたちでもって☆星の王子さま☆の缶が
増えたのは何よりだった・・・されど・・・
その中身のチョコレートがブック型缶=8個&
月型BOX=14個&額縁型缶=6個の28個に増え
てしまう・・・さすがに今回はもらったチョコ
なので・・・自分ちだけで両親と共に少しずつ
ということになるのでありませう・・・・・・
本来世の中的にはもっとSWEETな世界だろうに
そんな自分っていったい・・・・・・・・・・

☆[メリーチョコレート]HP→[メリーチョコレートカムパニー]

※☆星の王子さま☆ Le Petit Prince  #3☆については
☆[KEI]BLOG[日々これOK(2019/3/2)]に詳細記事アリ☆

☆[KEI]BLOG[日々これOK]&[音戯草子]もアリマス☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[星の王子さま] Le Petit Prince #2